覚王山で砂時計ざんまい。

e0097018_22302247.jpg
覚王山にあるギャラリーサブリエ・ド・ヴァリエは砂時計のお店です。
現在毎年恒例の「砂時計展」が開催中。
知人の木工作家の方が砂時計を毎年出展しているので見に行ってきました。
ここはカフェとギャラリーを併設したお店。
エントランスはシンプルにまとめられています。
玄関までのアプローチには木格子があり、植木鉢が置けるようにデザインされていました。
e0097018_22324156.jpge0097018_22325891.jpg
中に入ると大きさや素材や形も様々な砂時計があります。
e0097018_22354374.jpg
知人の作品で、小さな木の砂時計です。
完成度が高く、飽きの来ないシンプルなデザインなので、ずっと使えます。

e0097018_22461624.jpge0097018_22464428.jpg
こちらはプラスチック段ボールを使って作った砂時計です。
白いものは光が当たった時の透け感がきれいです。
e0097018_22535623.jpge0097018_22542018.jpg
身近なキッチンツールを使ったもの、動物のかわいいもの。いろいろあります。
e0097018_22555512.jpge0097018_22561438.jpg
びっくりしたのはこちら!
シルバークレイで作り上げたガイコツの砂時計。
犬のところにあるボタンを押すと砂時計が回転します。
他にもいろいろ素敵なものがありました。
作品の写真を快く撮らせていただいたオーナーさん、ありがとうごさいました。
[PR]

by akikobeya | 2007-11-25 22:59 | ぶらり、おでかけ