カテゴリ:思うこと( 18 )

色についてのすりこみ

e0097018_11531056.jpg
青は男性、赤は女性。
いつの間にか自然にすりこまれてしまったこの2色。
昨日ある商業施設で化粧室を利用しようとしたときの出来事です。

手前に青い壁の化粧室
奥に赤い壁の化粧室

私は迷わず奥の赤い方へ。
入ったとたん何か様子がおかしい・・・
ふと横を見ると解放されていた入口扉に「男性」のサインが・・・
あわてて隣へ移りました。

扉が閉まっていれば間違えることはないのでしょうね。
でも、きっと間違えた人は私だけではない気がします。

[PR]

by akikobeya | 2010-10-22 12:03 | 思うこと

家具のリメイク

e0097018_22144052.jpg
30年ほど前のYAMAHA家具です。
傷が目立ってきたのでリメイクをお願いすることに。
どんな姿で戻ってくるか、楽しみです。

[PR]

by akikobeya | 2010-06-03 22:16 | 思うこと

やっぱり冬は・・・

e0097018_15512296.jpg
最近何だかすっきりしなくていけません!
というわけで、週末、雪とたわむれてきます。
小学生から毎年続けてきたスキー。
珍しく最近は行っていません。
183センチの板は今となっては84センチとなり、
すっかりなまけスタイルになっています。
今年もこれが最初で最後の予感・・・

[PR]

by akikobeya | 2009-01-14 15:53 | 思うこと

振り返れば呆れるほど行動範囲の狭かった年末年始。

e0097018_23102410.jpg
今朝は仕事始め。
こんな顔で一日を過ごされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私のお休みは、振り返れば呆れるほど行動範囲の狭かった年末年始でした。
名古屋市内から一歩も外に出ずに終わってしまいました。
今回は親戚も来なかったので普段サボリがちなブログをせっせと更新しつつ、静かな年末年始でした。
みなさんはどんなお休みを過ごしましたか?
私は普段ゆっくり出来ない料理をして、心がすっきりしました!
[PR]

by akikobeya | 2009-01-05 23:14 | 思うこと

子どもは何でも遊びにしてしまいます。

本日父親の働いていた職場の同僚の方が新年会にいらっしゃいました。
幼稚園と小学校生の女の子3人が両親についてきました。
大人たちは飲んだり食べたりしていますが、子どもたちにとってはそんなことより猫と遊ぶほうが楽しみなようです。
猫にとっては子どもは大敵、声を聞くやいなやどこかへ逃げ込んで出てきません。

「このうちにはね、猫が51匹いるんだよ!」
女の子たちはそう言って笑います。
「え?うちは6匹だよ!」と言うと、「トイレにたくさんいたよ。」と。
e0097018_22443254.jpg
なるほど。
確かに猫のポストカードが多いわが家のトイレで、猫の匹数を数えていたんですね。
わが家の誰も数を数えたことはないですし、そもそも数えようと思ったことがありません。
子どもは何でも上手に遊びにしてしまうのだな・・・
発想の柔軟さに感心した一日でした。
[PR]

by akikobeya | 2009-01-04 22:48 | 思うこと

おお、怖い!

e0097018_226347.jpg
朝猫に向かって携帯カメラを構えたところ、振り向きざまにこの顔!
おお、怖い!

昨日タカシマヤのエスカレータで後ろにいた若いカップルの会話が丸聞こえ。
男「今日は全部のお店回ってもいいからね。今日は一日付き合うよ。」
女「やったぁ!じゃあ、欲しいの全部買ってくれる?」
男「えっ・・・(絶句)」
おお、怖い!

明日は歯医者に行かなければならない私。
おお、怖い!
[PR]

by akikobeya | 2009-01-03 22:06 | 思うこと

この仕事をしていて本当に良かったと思った一日でした。

e0097018_21214494.jpg
本日ここでOBの住まい手さん対象の住まい教室が行なわれました。
(この写真はかなり前に撮影したものです。本日は感極まって写真を撮るのを忘れてしまいました。)
サッシの調整、床や壁の傷の補修、レンジフードのお手入れなど、それぞれ専門業者の職人さん達に教えてもらいながら手を動かし体験する場で、たくさんの住まい手さんご家族が参加されました。
参加者の人数が多く、会場はいっぱいになってしまい窮屈でしたが、それでも熱心に質問したり、楽しそうに手を動かす住まい手さんの姿を見て嬉しくなりました。
私達と一緒に力を合わせて造りあげた家を本当に大切にしてくださっているという気持ちが伝わってきて、私はこの仕事をしていて本当に良かったと思いました。
久し振りにお会いしたこちらの住まい手さんもお元気そうで何よりでした。
[PR]

by akikobeya | 2008-12-13 21:27 | 思うこと

いざという時・・・

e0097018_23194171.jpg
今朝の出勤時の出来事です。
道を歩いていたら、塗装職人さんに声をかけられました。
団地やマンションが建ち並んでいる通勤路、現場のマンションがわからなかったようです。
住所だけでは私もわからず、結局教えてあげることができませんでした。
通勤路の交番の前を通りかかって、ふと気が付きました。
「すぐ先に交番があるので、そこでお尋ねになってはいかがですか?」
何でこのひとことが出なかったのだろう・・・。

「職人さん、ちゃんと現場にたどり着けたかなぁ、悪かったなぁ。」
そんなことを考えながら坂を下ります。
この坂は通学途中の自転車に乗った高校生が猛スピードで降りてきます。
私は幾度となくベルを鳴らされ、怖い思いをしました。
今日も勢いよく降りてきた女子高生が「ドンッ!」という音と同時に宙に舞いました。
女子高生は駐車場から車道に出てきた軽自動車にぶつかったのです。
ほんの数秒のうちに7~8名の方が駆け寄ってきました。
「まずは電話だろう!」と思いバッグから携帯電話を取り出そうとしたら・・・
原付に乗ったサラリーマンの男性がすでに電話を掛けておられました。
それも道路反対側から手を振りながら、「僕が連絡していますから!」と。

ああ、また私は何もしてあげることが出来なかった・・・。
先程といい、今といい、何てことだ・・・。
ホント、いざという時にダメなんだから・・・。
何だか悲しい気持ちになりながら、地下鉄の駅まで向かいました。
[PR]

by akikobeya | 2008-09-25 23:45 | 思うこと

アフターサービスについて。

わが家では某海外メーカーのサイクロン掃除機を使っています。
3年前、まだ日本製のサイクロン掃除機がぱっとしなかった頃に購入しました。
ご存知の通り、わが家は猫だらけですので、性能の良さを期待して高い買い物をしました。
ところが使い始めてみると故障の多いこと多いこと。
もう3回くらいパーツの取替えなど修理をしています。
修理はフリーダイヤルに電話すると宅配便が無料で集荷に来てくれ、修理が終わるとまた無料で送り返してくれる、ドアツードアのサービスです。
最初は楽でいいな、と思っていたのですが・・・

先日パーツに不具合が生じたので電話をしたところ、無料で取替えパーツを送るので、今のものはこちらで処分してくださいと言われました。
このような対応は今回が初めてではありません。
普通は無料でパーツが新品になるので「これは得した!」と思うところなのですが、素直に喜べませんでした。
何で不具合の出た部品を回収して調べないのだろうかと思ったのです。
こちらの使い方が悪くて壊れたのであれば当然修理代は払います。
それに、修理すれば使える部品まで捨てるのはもったいないです。
メーカー側は「新しくすれば文句ないでしょ?」と言いたいのでしょうか。
調べた結果でより使いやすく商品を改良していこうとは思わないのでしょうか。

今まで何台か掃除機を使ってきましたが、こんなに故障するのは初めてです。
この掃除機の価格は日本製の倍はします。
この価格設定は過剰なサービスを受けるためにあらかじめ納めておく料金か?とさえ思ってしまいます。
(でも、日本製でも修理に関してはパーツが異様に高かったりと問題なのですが・・・)
何だかがっかりしてしまいました。
[PR]

by akikobeya | 2008-09-18 00:48 | 思うこと

とっさの判断!冷静に考えると・・・

e0097018_23211679.jpg
今日はお休み。
母と買い物に出掛けた帰り道、歩道脇に置いてある段ボール箱に目が留まりました。
余りにも不自然な置き方だったので近寄ってみると・・・
「ねこ」とマジックで書かれてあり、軽く紐で縛ってあります。
「これは大変!捨て猫だ。何てひどいことをするんだろう!」
筋金入りの猫好きの母と私は焦って段ボールを開けました。
すると、中には口の縛ったビニール袋が入っていました。
「こんなことしたから、死んじゃったんじゃない!」
そう思った瞬間、背後からおじさんの声が。
「道路でひかれてたから保健所に引き取ってもらうように箱に入れておいたんだ。」
な~んだ!私達の早合点でした。

「そうだよね。あんなゆるい紐の縛り方なら猫は箱から逃げれるよね・・・」
そう言いながら私達「似たもの」親子は帰宅しました。
あれだけ人通りの多い地下鉄駅前でひっかかったのは私達親子だけだったのでしょう。
冷静に考えればわかることでも、突然起こるとパニックになってしまいます。

[PR]

by akikobeya | 2008-09-08 00:00 | 思うこと