カテゴリ:ボランティア活動( 25 )

マラソンボランティア

e0097018_21521386.jpg
e0097018_21523025.jpg
名古屋初、市民参加のフルマラソンにボランティアスタッフとして参加しました。
あいにくの雨模様で肌寒い日でしたが、日差しが強くないので助かりました。
このマラソンは一般道ではなく河川敷を走る42.195キロ。
河川敷のサイクリングコースは起伏のあるところ、道幅の狭い通路や信号、横断歩道などがあり、変化に富んだコースです。
私はこの橋の上にて朝9時から午後2時より誘導のボランティアをしました。
e0097018_2222891.jpge0097018_2224461.jpg
最初の作業はライン設置。
橋の上は一般市民も通行するため、センターラインを白いテープで貼って作ります。
e0097018_226265.jpge0097018_2264340.jpg
これが終わるとあとはひたすら誘導しながら応援。
往路のトップが通過した9時半から復路の最後尾が通過した13時45分まで。
途中ハーフマラソンも入りますので常にランナーの往来があり、ボーっとしている暇はありませんでした。
ひとつ残念だったのが、応援する一般市民が橋の付近にはほとんど見あたらなかったことです。
普段この河川敷ではジョギングをする一般市民も多く見られますので、彼らと同化して案外目立たなかったのかもしれないなぁ?というのが私の感想です。
今大会が好評でまた来年開催されるのであれば、のぼりや旗などの目立つものがあるといいのかもしれませんね。
そうすれば大会の認知度も上がる気がします。
[PR]

by akikobeya | 2008-10-05 21:52 | ボランティア活動

パイプオルガンの製作費

e0097018_21561328.jpg
ボランティア活動の会議で教会に行きました。
ここは古くからある教会で、照明は定番モノの丸い透明ガラスのペンダント。
白熱ボール球が一灯できれいなデザインなのですが・・・
時代の流れか、半分以上が電球型蛍光灯に取り替えられてしまっていました。
何だかちょっぴり不細工です。

この教会には15年ほど前に製作されたパイプオルガンがあります。
パイプの総本数は約1000本で、音楽ホールにあるものと比べると小ぶりです。
ベルリンにある会社の製品で、現地から来た技術者が2~3ヶ月泊り込みで組み立てたそうで、製作費は約3000万円とのこと。
家が一軒建ってしまいます。
[PR]

by akikobeya | 2008-09-14 22:08 | ボランティア活動

天気も心も晴れ渡る一日でした。

e0097018_2371576.jpg
昨日までの雨はどこへやら。
まるで台風一過のような青い空の下、日中は気持ちよく仕事しました。
e0097018_2393648.jpg
夕方からはYMCAへ。
フィリピンワークキャンプへ出掛ける10名のキャンパーの激励会に参加しました。
YMCAのフィリピンでのボランティア活動のキャンプは30年の歴史があります。
今まで水道を敷設したり学校の設備を作ったりのワークが主だったのですが、今年は「心の病に苦しむ子供たちのケア」が目的となりました。
時代も変わったなぁ、と思いつつ、若いキャンパー達を見送りました。
e0097018_23161534.jpg
出発前夜、荷物をまとめる大学生キャンパー達。
10名中7名が女性です。
明日からの旅を控えたキャンパー達の笑顔は希望に満ちあふれ、見送った私まで元気になりました。(若さを吸い取りました!)
以前より一度は行きたい!と思っているこのキャンプ。
いつか若者たちに混じって参加するおばちゃんキャンパーになろう!と夢を抱く私です。
[PR]

by akikobeya | 2008-08-31 23:09 | ボランティア活動

最後のお祭り

岐阜県高山市の日和田高原で行なわれる「日本一かがり火まつり」
毎年8月第1土曜日に開催され、お昼は「歌謡祭」、夜は「かがり火まつりと花火打ち上げ」の2本立てです。
e0097018_16154642.jpge0097018_1616894.jpg
e0097018_16161924.jpge0097018_16163127.jpg
写真はお昼過ぎ、歌謡祭のリハーサルまっ最中。
会場は白樺林の中にあり、本番前から木陰を求めてたくさんの観客が集まっています。
歌謡祭は演歌ショーなので、日中は年齢層が高めです。
e0097018_16232227.jpge0097018_162336100.jpg
e0097018_16254469.jpge0097018_162644.jpg
私達は毎年ゲームの店を出店しています。
トイレットペーパー10個を積んだ的にボールを当てて倒れた数を競うという単純なゲーム。
子どもからお年寄りまで楽しめるようにボールは軽いものを使用しています。
トイレットペーパーは軽いのですが、安定感があるので倒れそうでなかなか倒れないのです。
ゲームの様子の写真を撮り忘れてしまいました。
夕方には行列が出来、景品もすべてなくなり好評でした。
e0097018_16403626.jpg
e0097018_16405422.jpg
e0097018_16471396.jpg
暗くなるとかがり火まつりが始まります。
かがり火点火のセレモニー、たいまつ行列には誰でも参加できます。
昨年までは整理券配布で無料でしたが、今年は参加費を500円払わないと参加できなかったようです。一昨年出ておいてよかった~。
e0097018_16483398.jpge0097018_16491947.jpg
メインのかがり火に点火されました。
写真はとても見にくいですが、背後の3つがメインのかがり火です。
e0097018_16521039.jpge0097018_16523795.jpg
e0097018_16525162.jpge0097018_1653516.jpg
クライマックスは花火!
私にとっては今年初の花火見学です。
e0097018_16551254.jpg
おまつりが終わった後、人がまばらになった会場の風景を。
このおまつり、今年で最後だそうです。
高根村が高山市に合併してから数年経ちますが、市の財政上の都合で続けられないとか・・・
残念です。私達の地域活動の場もひとつ減ってしまいます・・・
「今までどうもありがとう」と心の中で唱えながら、しばらくこの風景を見つめていました。
[PR]

by akikobeya | 2008-08-03 16:16 | ボランティア活動

避暑。

名古屋は連日暑いです。
本日も35度でした。
溶けてしまいそうな暑さです。
e0097018_21524926.jpg
昨日、そんな暑い名古屋とは別世界へ出掛けました。
六甲山頂にあるYMCAキャンプ場でボランティア活動の研修会が開かれたのです。
建物内にはクーラーはありませんが、ひんやり涼しい空間です。
以前7月に気温が2℃の日があったこともあるそうで、
昨日もとても涼しい風が吹いていました。
研修中は長袖を着ていてもホットコーヒーがおいしくいただけました。
名古屋では考えられません。
e0097018_21572623.jpg
さすがに夕方は西日が強くて暑かったのですが、
汗をかく程ではありませんでした。
おかげでテラスでのBBQも心地よかったです。
六甲山頂から夜景を見ながら帰れると最高だったのですが、
遠方からの参加者を配慮して明るいうちのお開きとなりました。
午後8時半、新幹線を降りた名古屋駅はうだるような暑さでした。

[PR]

by akikobeya | 2008-07-13 21:52 | ボランティア活動

神戸周辺にお住まいのみなさまへ。

e0097018_20345410.jpg
先進国で唯一HIV感染者が増え続ける日本。
興味のある方は是非足をお運びください。
画像クリックで拡大します。
[PR]

by akikobeya | 2008-07-13 20:35 | ボランティア活動

たけのこ掘りに行ってきました。

e0097018_15125568.jpge0097018_15131790.jpg
ボランティア活動の例会で竹の子掘りに出かけました。
こちらはメンバー宅の竹やぶです。
毎年この時期になると、毎週末たくさんの友人知人が現物支給で労働しております(笑)
今年は労働者が出遅れたのか、巨大化した竹の子が目立ちました。
e0097018_15185489.jpge0097018_1523543.jpg
e0097018_15253936.jpge0097018_1526148.jpg
採った竹の子は一ヶ所に集められ、皮を剥いて大きな鍋にかけられます。
採った日にすぐ食べたい方にはあく出しの手間が省け、助かります。
あく出しを待っている間にお庭でランチパーティーをし、夕方頃までゆっくり過ごします。
年々竹の子が採れた頃を見計らってランチを食べに来るメンバーが多くなりました。
今年から故意の遅刻者には家主がペナルティーを課すことにしたので、今回は大幅な遅刻者がなくたくさんの収穫でした。
おじさま方はメタボな体にムチ打って頑張っておられました(笑)
[PR]

by akikobeya | 2008-05-06 15:24 | ボランティア活動

韓国で飲んで食って笑って泣いて:その⑦帰国

まだ書いていたのか!10日前に帰国したのにと言いたいところですが・・・
e0097018_2327573.jpg
以前の記事で紹介したこの瓶(某社長からの依頼の品)を持って朝空港へ行きました。
こんな大きなものはスーツケースに入らなかったので機内持込することにしたのですが・・・
手荷物検査を受けたら案の定でした。
「これは何?キムチ!」と問われ、「だめ。持ち込めない!」と言われてしまいました。
「ひょっとして没収か?」
「これで会社クビにされたらどうしよう(笑)」
などと不安が過ぎりました。
恐る恐るどうしたら良いのか聞いたところ、再度チェックインし直しということに。
まるで悪者を見るような冷ややかな態度で「早く行け!」と追い出されました。
言われた通り再度チェックインしたのですが・・・
チェックインカウンターでは壊れ防止のために箱に入れてくれようとしたのですが、何せ大きくて入りません。
しかたなしにスーパーのビニール袋に入った荷姿のまま預けました。
「割れたらシャレにならないなぁ・・・」
また不安が過ぎりました。
午前11時、中部国際空港に到着。
荷物を待っているあいだ、一緒に出掛けた仲間は皆キムチを心配していました。
e0097018_23411653.jpg
来ました、来ました、この黄色い袋。
割れていなくてほっとしつつ、あとは税関通るだけ。
取り上げられないように祈りながら、無事通過。
こうして人騒がせなたらこキムチ5㎏と一緒に帰国した私です。
そして重いキムチを抱えたまま出勤し、依頼の品を渡してようやくほっとしました。
[PR]

by akikobeya | 2008-04-10 23:34 | ボランティア活動

韓国で飲んで食って笑って泣いて:その⑥韓国最後の晩餐

増量した体をひきずりながらバスへ戻ると時間はすでに午後3時。
これからスーパーマーケットへお土産を買出しに行きます。
バスの中では相変わらず、フルーツやお酒が出されます。
もう、入りません・・・
e0097018_22533088.jpg
車窓から眺める高層団地。
仁川にはこのような団地がたくさんあるようです。
e0097018_22583850.jpg
e0097018_2259739.jpg
お土産を買出した後、時刻は午後5時前。
「明日朝早い飛行機だから、夜は軽く食べて早めに切り上げましょう!」ということになり、夕暮れの海を眺めながら、海辺の食堂へ入ったのですが・・・
e0097018_2304062.jpg
ど~ん!
e0097018_2323336.jpg
ど~ん!
e0097018_2345650.jpg
ど~ん!
e0097018_23104433.jpg
ど~ん!
e0097018_23132881.jpg
参りました!すごい量です。
おいしそうだったのですが、ひとくちふたくちぐらいでダウン!
でも、皆さん女性陣含めもりもり食べているのです。
普段食べる量の多い私ですが、ここではまったく通用しませんでした。
e0097018_239578.jpg
こちらは日本酒のように飲まれている焼酎です。
ストレートで飲みます。
最後に韓国の皆さんに「ありがとう」とお礼を言いながら注いで回りました。


楽しかった韓国での一日もこれで終わり、バスはホテルへ向かいます。
バスの中で日本語を勉強している女性が「ありがとうございました。」「楽しかったです。」
「さようなら。」などの言葉をを他の人たちに教えている声が聞こえました。
そして、いよいよお別れのとき。
「ありがとう、さようなら。」「お元気で。」
バスの中で練習した慣れない日本語で挨拶をしながらひとりひとり握手をしてくれました。
私は2日間とても親切にしていただいた感謝の気持ちと、日本語で挨拶をしてくれた嬉しさ、でも自分はその気持ちを韓国語で伝えることが出来ないくやしさでいっぱいになり、大粒の涙がこぼれ、ついに声をあげて韓国の皆さんに飛びつきおいおいと泣き出してしまいました。
でも、最後は笑顔で「さようなら!」と元気に別れました。
そして翌日、いよいよ5㎏のキムチと共に日本へ帰ります!
日本帰国までの道中は次回の記事にて。
[PR]

by akikobeya | 2008-04-06 22:54 | ボランティア活動

韓国で飲んで食って笑って泣いて:その⑤ついに食いだおれる

e0097018_22274683.jpge0097018_22291446.jpg
焼肉やさん到着。いよいよ本日の宴会です。
彩り豊かな付け合わせの数々。これだけでお腹いっぱいになってしまいます。
e0097018_22311588.jpg
e0097018_22314179.jpg
メインのお肉がやってきました。
店員さんがハサミでチョキチョキと手際よくお肉をカットしてくれます。
e0097018_22354434.jpg
ゆず味の大根キムチです。あっさりしてとても美味。
キムチは赤くて辛いだけではないのですね!
e0097018_22374254.jpg
韓国冷麺。
e0097018_22375683.jpg
e0097018_22382193.jpg
味噌チゲ。
e0097018_2239737.jpg
余ったご飯はかに味噌の殻に詰めていただきました。
ごちそうさまでした。
頑張ってたくさん食べました。
しかし、まだまだ食いだおれツアーは続くのです。
それではまた次回に。

[PR]

by akikobeya | 2008-04-06 22:33 | ボランティア活動