カテゴリ:ギター( 16 )

お盆までブログをお休みしたワケ。

e0097018_21501126.jpg
お盆までブログをお休みしたワケ。
先日、人前でギターのソロを弾く機会を与えてもらったからです。
なので、夜な夜な練習していたのです。
本番はガチガチに緊張し、最初の曲は途中で止まってしまいました。
でも、もう一度仕切りなおして最後まで弾ききりました。
これを機会にもう少しまじめに練習しようと思いました。

[PR]

by akikobeya | 2009-08-29 22:17 | ギター

答。

e0097018_2058467.jpg
前回のブログの答です。
ギターの弦を替えるときに使います。
これがあるとくるくると楽に弦を巻くことができます。
いよいよ週末は演奏会です。
がんばらなくっちゃ!

[PR]

by akikobeya | 2009-05-21 20:58 | ギター

何に使うものでしょうか?

e0097018_21315741.jpg
写真左側のものは何に使うものでしょうか?
ヒントは写真右側です。
(右側も何に使うのかわからない方もいらっしゃるかもしれません。)

[PR]

by akikobeya | 2009-05-17 21:35 | ギター

発表会でした。

e0097018_20553473.jpg
本日、ギターの発表会でした。
毎年小学生の子どもたちの演奏には驚かされます。
どの子もまったく緊張せず、弦が切れそうな勢いでバンバンと音を鳴らします。
小学校6年生でソルのグラン・ソロを弾きこなしてしまう子もいるので驚きです。
(私はこんな難しい曲は弾いたことがありません)
それに比べ大人の私たちはガチガチに緊張してしまい、中には蚊の鳴くような小さな音の人も。

私も子どもの頃の発表会のことを思い出してみました。
発表会はまったく緊張せず、人前で演奏するのが楽しかったように覚えています。
今とはまったく正反対ですね(笑)
ギターを習っている高校生のお兄さん、お姉さんがよく面倒を見て遊んでくれたのも発表会の楽しみでもありました。
お兄さん、お姉さんが演奏する曲を自分も早く弾けたらいいなと、懸命に練習した覚えもあります。

まったく!昔の私の爪の垢を煎じて今の私に飲ませてあげたいよ!
[PR]

by akikobeya | 2008-11-16 20:52 | ギター

爪とぎと言えば・・・

「爪とぎ」と言えば猫には欠かせない行為。
ギター弾きにとっても「爪とぎ」は欠かせない行為なのです。
爪とぎを怠ると弦がひっかかり、演奏しづらくなります。
e0097018_20385125.jpg
私はサンドペーパーでといでいます。
ホームセンターで普通に売っている物を適当な大きさに切って使っています。
昔先生に聞いたところ、専用の爪やすりを使う人もいれば、中には鹿皮を使う人もいるとか。
猫と一緒でギター弾きにとっては爪は命(大袈裟かな・・・)
欠けてしまうと後が大変なので、サンドペーパーをいつも持ち歩いています。
たまに現場で木材についた汚れをこすり落としたりできるので重宝しています(笑)
[PR]

by akikobeya | 2008-10-19 20:47 | ギター

亡き先生の形見。

e0097018_15392320.jpg
e0097018_15384140.jpg
本日天気が良かったのでクローゼットに吊るしてある洋服を干しました。
普段の私のイメージからは程遠いこのかわいらしいドレス。
ギター演奏会用の衣装で、今は亡き先生が若かりし頃に着ていたものです。
中学生の頃、ギターコンサートの前にいただいたのですが・・・
実は細くて着れなかったのです(恥)
本日袖を通したところ、ぴったりではないですか!
次回の演奏会に着ようかなと思いました。
でも奥さんを亡くした先生が思い出して泣いてしまったらどうしよう。
(私の先生はご夫婦でギタリストだったのです。)
美人で物静かだった先生、私では似ても似つかないので余計な心配はやめておいて(笑)
[PR]

by akikobeya | 2008-09-23 15:37 | ギター

昼下がり、ギタリスト荘村清志さんのコンサートへ。

本日昼下がり、ギタリスト荘村清志さんのギターリサイタルに出掛けました。
今回前から7列目正面の良い席で聴けたので、指の動きまでよくわかり、気が付くと私の体はステージに吸い込まれるかのように前のめりになっていました。
曲の合間のトークはスペインでの想い出話を中心に楽しくて会場からはどっと笑い声が。
良い席のチケットを手配してくださった先生に感謝です!
日本ギター界の第一人者の演奏は、正統派の美しい音色でした。
水が流れるような流暢なトレモロはいつ聞いてもため息が出てしまいます。
私が演奏すると足音のようになってしまうからです。
e0097018_22214969.jpg
本日の演奏曲目です。
昨年聞きに行ったコンサートはこんな感じでした
トレモロオンリーのアルハンブラの想い出、私が発表会で弾いたときは緊張のあまりアルハンブラの足音になっていたなぁ・・・
愛のロマンスを発表会で演奏することになったとき、「発表会まで1日10回弾きなさい」と先生に言われて本当に毎日10回弾いたなあ・・・
10代の頃の懐かしい思い出です。
「ちゃんと10回弾いていたと聞いてびっくりだったなぁ。半分冗談だったのに。」
と、先生は笑い話のネタとして私の幼き頃の話をします。
(先生、ひどいよ、サボることを知らない小学生をだまして!)

本日コンサート会場付近で村治佳織さんのコンサートのチラシが配られていました。
中学2年生までの夢では私も村治佳織さんのようになっているはずだったのですが・・・
いつどこで足を踏み外したのやら(笑)
[PR]

by akikobeya | 2008-09-11 22:01 | ギター

楽しき演奏会になりました。

本日、今年第二弾のギター演奏会でした。
集合時間を間違え、皆より一足先に到着した私。
まだ誰もいない楽屋をパチリ。
今まで数々の演奏会を経験してきましたが、赤絨毯敷いたこんな古めかしい楽屋は初めてです。
e0097018_2112543.jpg
パースも書けていないのに、赤絨毯敷いていてはいけませんね。
先生に怒られてしまいます。
e0097018_211845100.jpg
本日の演奏会は1000名収容のホール。
最終的には909名のお客様がいらっしゃったそうです。
それもそのはず、本日のメインは東京フィルのメンバーによる演奏が前売りでたったの800円で聞けるからです。
それを楽しみにやってくる多くの方たちには私達の演奏は余興みたいな扱いです(悲しいかな・・・)
本日はなぜか緊張せずに楽しく弾くことが出来ました。
演奏が終わり舞台裏へ行こうとした瞬間、客席から私の名前を呼ぶ声が。
「あれっ?今日は誰も来ないはずなのに・・・」
声をかけてくださったのは何と、演奏会場近所に住むOB施主さんファミリーだったのです。
世の中本当に狭いものだとびっくりしましたがとても嬉しかったです。

本日はもうひとつ嬉しいことがありました。
ギター仲間のSさんにこれからの人生を共に歩む素敵な女性がいることがわかったこと。
日曜日の練習もほとんど休まず参加されていたので、いつの間に!と正直びっくりしました。
人が幸せになるって心が嬉しくなります。
きっと本人もこのブログを見てくれていることでしょう。
Sさん、素敵な人が見つかってよかったですね。
独身仲間が減ってしまうことは寂しいですが、私もこれを励みに頑張りますよ!
[PR]

by akikobeya | 2008-06-01 21:13 | ギター

練習そっちのけで・・・

e0097018_23553866.jpg
ギターの演奏会の控え室に木のおもちゃを持ち込んだメンバーがいます。
この2匹の犬がそれぞれバラバラになるのだそうです。
最初は私がチャレンジ。
まずはぐるっと全体を眺めてみたものの抜き方が見えてきません。
引っ張っても、ねじってもダメ・・・
そのうち他の人達も「なに、なに?」と寄って来ては順番にチャレンジ。
すぐに引っ張ってみる人、振ってみる人、床に落としてみる人、じ~っと眺めてみる人・・・
いろいろ試しても抜けません。
練習そっちのけでひとつの木のおもちゃに群がる大人たち。
最後の挑戦者は先生でした。
先生はおもちゃを軽く振った後、「棒か何かが入っている音だから、これを傾けてずらしたら取れないかな?」と言いました。
e0097018_0144174.jpge0097018_015126.jpg
すると先生の予想通り、犬はすぐに二つに分かれました。
2組の竹の棒をうまくずらしてやると取れる仕掛けでした。
なるほど、よく考えられています。
e0097018_0215671.jpge0097018_022146.jpg
このおもちゃを見た瞬間、私の積読コレクションの「吉里吉里人」を思い出しました。
「イッタカキタカ号」という二つの頭を持つ犬です。
この犬がモデルになったのかもしれません(笑)
[PR]

by akikobeya | 2008-05-23 00:05 | ギター

演奏会でした。

e0097018_23184863.jpg
本日はギターの演奏会でした。
今年は例年よりもたくさんのお客さんの入りで弾いていて気持ちがよかったのですが・・・
本日の私は譜面を2度も3度も見失ったり、間違えた音を出したり、繰り返しを忘れたり・・・
今までで最もひどい出来で、演奏の後少し落ち込んでいました。
でも、今日は嬉しいことがありました。
以前教室に通っておられた方とばったり演奏会場でお会いしたのです。
もう20年ほど経ちますが、私を覚えていてくれたことがとても嬉しくて嬉しくて。
そのご夫婦を見送った直後、今度は会場出口で一人の男性に声を掛けられました。
「あなたの楽しそうに演奏する表情がとても良かった。ありがとう。」と。
おかげで演奏直後の落ち込んだ気持ちはどこかへ消え去っていきました。
さて、2週間後の演奏会にはもっと楽しんで演奏できるように頑張ろうっと!
[PR]

by akikobeya | 2008-05-18 23:23 | ギター