カテゴリ:学ぶ( 34 )

おばちゃん設計を学びに東京へ。

明日は仕事で神保町へ。
「おばちゃん設計」を学びに行って来ます。
翌日は国立西洋美術館に立寄る予定です。
記事はいつものようにぼちぼちアップしていきます。
それでは、行って参ります。
[PR]

by akikobeya | 2007-10-31 23:22 | 学ぶ

鍛錬の後、コルに会いに行きました。

e0097018_23594826.jpge0097018_002657.jpg
今回の鍛錬塾のあとでのお楽しみ。
以前からこの日に行こうと思い楽しみにしていました。
鍛錬塾で頭はふらふらでしたが体は元気でしたので、予定通り出掛けることに。
どうせなら行きたい人を募って見学すると面白いだろうと思い、何人かに声を掛けました。
遠方からお越しの方は帰りを急ぐので断念。
また、すでに見てきた方もおられました。
中には疲れ切ってとても行く元気のない方も。
ということで、今回は30代代表!?の二人で出掛けました。
行き先は六本木ヒルズにある森美術館。
夜景がきれいな時間ですが、そんなことはそっちのけで「ル・コルビュジエ展」へ。
ユニテ・ダビタシオンの実寸模型、コルビュジエの休暇小屋の実寸模型、アトリエ再現は見ものでした。
ユニテ・ダビタシオンの模型の壁には「モデュロール」が描かれています。
何人かの男性はその前に立って寸法を確かめていました。
彼らの中に黄金比のへそを持つ者は何人いたのでしょうか・・・

展示物の中で思わず笑ってしまったのは、建築家吉阪隆正氏が書いたはがきです。
はがきの書き出しが「コルの所へ・・・」
吉阪隆正氏には「コル」と呼ばれていたのですね・・・

帰りの新幹線の時間もあり、全部しっかり見ることが出来なかったのが残念です。
9月下旬まで開催されておりますので、皆様ぜひご覧になられてはいかがでしょうか。

コルビュジエの唯一の日本での建物、国立西洋美術館本館
ちょうど10月より私の好きなムンク展が開催されます。
ムンクは名古屋までは来てくれません。
頑張って見に行こうと思っています。
会期中、2回映画の上映会があります。
私は日程的に行くことができませんが、東京にお住まいの方はぜひ。
[PR]

by akikobeya | 2007-09-17 00:09 | 学ぶ

鍛錬塾でも、このドジっぷりは鍛えることができませんでした。

e0097018_21493880.jpg
鍛錬塾の三日間、やっぱりドジな私でした。
鍛錬塾もおさらいが大切です。
今回のドジをおさらいします。
ほぼ、忘れ物特集です。

勉強熱心な私!?ペンケースは中身がパンパンに詰まっています。
中を開けてみると赤ボールペンが3本も。
PRESS MANも3本ある。
電卓の電池(使用済)も入っている。
でも、なぜか消しゴムがない・・・。
電卓の電池も切れそうなのに・・・。
随分と余分なものを持ってきてしまったようです。

名刺にも困りました。
名刺入れを開けてみると名刺が8枚しかありません。
こんな大事なときに・・・
ちょうどカラー対応のコピー機があったのでありったけの名刺を並べてコピーを取りました。
定規を当てて切ったボサボサの手作り名刺が出来上がりました。
(これお渡しした方ごめんなさい。後半戦で引き換えいたします。)

ベルトもありませんでした。
一日目のパンツはサスペンダー付きだったのでベルトが要りませんでした。
翌朝ジーンズを履いたらベルトがありません。
おかげで一日中ずるずるとジーンズを引きずりながら歩いていました。

化粧ポーチを紛失しました。
一日目にどこかへ置き忘れたようです。
朝顔を洗ってからクリームを塗ろうとしたらありません。
私はすぐ紫外線に肌が反応するので、UVケアを年中怠れません。
朝から心当たりのあるところを探し回っても出てきません。
事務室やインフォメーション、掃除のおばちゃんまでつかまえて聞きまくりました。
でも、出てきません。
おかげで二日目から家に帰るまで「どすっぴん」で過ごしました。
これがもし、人前に出ると誰かわからないくらい化粧が濃い人だったら・・・
恥ずかしくて二日目からリタイアかもしれません(笑)
あるいは出席していても部外者と間違えられ退場させられるか(言い過ぎ)

山辺氏の講義を楽しみにしていた私。
以前建築知識で連載されていた「ヤマベの木構造」。
5年ほど前にMOKスクールを受講したときの教材として連載をまとめた本をもらいました。
今回の講義で参考にしようと用意していたのですが・・・
会社に忘れました。
くそ~!山辺さんのサインが貰えたかも知れないのに(笑)

シャンプーを忘れました。
浴場には備え付けがありましたが、混み合っていて待っているのも面倒になり・・・
ボディソープで頭を洗い、忘れずに持ってきたリンスで整えました。
(まあ、このくらいのレベルならどうでもいいことなのですが・・・)

鍛錬塾は三日間。
でも、何でカバンの中にTシャツが5枚も入っていたのだろう。
何日私は鍛錬されるつもりだったのだろう・・・

来年の後半戦、今度こそはドジを鍛錬しようと思います。
ためにならないことを長々と書いてしまい申し訳ありません。
ここで話してすっきりしたかっただけです。
[PR]

by akikobeya | 2007-09-15 22:47 | 学ぶ

鍛錬塾の講義

バックミンスター・フラーの「ダイマキシオン居住装置」
e0097018_21285446.jpg
(写真はウィキペディアフリー百科事典より引用)
不勉強の私は、フラーのことも、この建物のことも知りませんでした。
アルミ合金製の実験住宅で超軽量、ひとまとめにして移動することも可能。
世界初のユニットバスもこの中に納まっているとか。
自然換気装置もついています。
風が吹くと床部分が浮き上がり、屋根てっぺんの換気口がくるくると。
その音があまりにもうるさく、ついにはモルタルで換気口が埋められてしまいます。
人間が住まなくなり、ついにはアライグマ15匹が住み着いていたとか。

もう少し詳しく知りたくなりました。
[PR]

by akikobeya | 2007-09-15 21:33 | 学ぶ

バブル時代の置き土産。

鍛錬塾・・・恐ろしそうな名前です。
この恐ろしそうな塾は代々木で行なわれました。
会場はこちら。
健全な青少年育成の場です。
連日天気が悪かったので、外の写真を撮り忘れました。
まるでバブルの置き土産のような建物。
e0097018_065538.jpg
この写真はレストランの天井なのですが、
ルイス・ポールセンのペンダントの数が半端じゃありません。
まるでバブルの頃のようです。
e0097018_091634.jpg
一年前に一緒に学んだこのお方とも再会。
愛用のきみまろで撮影中です。
過酷な鍛錬の前のおだやかなひとときです。
私は今回ほとんど写真を撮りませんでした。
駿河の国のパースの先生のように、
今後は参加された方々の記事をリンクしつつ紹介しようと思います。

[PR]

by akikobeya | 2007-09-15 00:04 | 学ぶ

ひとまず監禁終了。

陸の孤島と化した代々木スパルタ会場。
本日塾の前半講義が終了。
守衛さんに見送られながら正門を出たとき、釈放された気分でした。
今新幹線は浜松を走っています。
塾の帰りに寄り道してしまったので、すっかり遅くなってしまいました。
塾のご報告とみちくさの様子は後日記事にいたします。
充実した講義内容で頭はキャパオーバーです。
新たなお知り合いも出来、刺激を受けてますます頑張ろうと言う気持ちになりました。
[PR]

by akikobeya | 2007-09-13 22:04 | 学ぶ

代々木スパルタ(笑)合宿。

e0097018_2310416.jpg

本日より3日間、代々木スパルタ(笑)合宿です。
この施設は東京渋谷区とは思えない程広く、老若男女肌の色もいろいろな方がおられます。
本日あてがわれたのは4人部屋。
一人で独占です
女性参加者が一人だったからだと思います。
でも、私だけ別の宿泊棟なので、何だか置いてきぼり食らったみたいで寂しいですよ。
今から日報書いて日頃の睡眠不足を解消します。
おやすみなさい。
[PR]

by akikobeya | 2007-09-11 23:10 | 学ぶ

パース教室。

本日、駿河の国よりパースの先生が来社されました。
会議室にて一日ががりのパース教室です。
最初にパースを学んだのは学生の時なのでもう15年くらい前のことか。
描かなくなっていたので上手く描けません。
昨年の伊礼智設計スクールの最終課題で課せられたパースで苦しんだことを思い出しました。
何とかして、またパースが描けるようになりたい!
今日の教室をとても楽しみにしていた私です。
パースの筆記具はもちろんこちらです。
e0097018_22173939.jpg
PRESS MAN
以前秋山東一設計スクールに参加したときにいただいてから、この書き心地にはまってしまいました。
これを持ってから、スケッチや手書き図面を書くのが楽しくなりました。
今もそのときいただいたものを大切に使っています。

さて、肝心なパースはと言いますと・・・
ボロボロでした。
何でこんなに下手くそなんだろうと、自分でも呆れるくらいです。
でも、描いているうちに少しずつですが、描き始めよりはましになっていくのがわかります。
目の前に紙とPRESS MANがあれば、常に何か書きたくなる私。
パースを描く合間に向かいに座っている社長の似顔絵なんぞ描いてしまい、先生に怒られてしまいました(笑)
何とか頑張り、夕方には何とか一軒の家の外観パースを描きあげました。
でも、まだまだひどいパースです。
せっかく学んだパース。
近い目標はプレゼンの立面図の代わりにパースを描いて提案することが出来たらといいなと思います。
その際には駿河の国の赤ペン先生に見ていただかないと・・・
先生、本日は本当にありがとうございました。
[PR]

by akikobeya | 2007-04-06 22:17 | 学ぶ

素敵なお住まいにお邪魔しました。

e0097018_19334023.jpg

本日は素敵なお住まいにお邪魔しました。
まずは元気なわんちゃんがお出迎え。
天気はあいにくの大雨。
肌寒さを感じます。
そんな中、室内では暖かい暖炉が待っていました。
ねこちゃんが気持ち良さそうに寝ています。
時々伸びをして、リラックス。
起こしてしまった私は「猫キック」を食らいました。
たまらなく、かわいい。

e0097018_19345789.jpg

e0097018_19531065.jpg

e0097018_19463784.jpg

おもてなしを受けました。
干し柿に柚子が加えてあり、上品な逸品。

e0097018_19503686.jpg

素敵なお住まいにご案内頂きありがとうございました。

[PR]

by akikobeya | 2007-03-05 21:30 | 学ぶ

OMゼミナールIN京都

OMソーラー協会主催のOMゼミナールが京都で行われました。
藤森照信氏の基調講演が聞きたいという念願が叶い、初日のみ参加しました。
藤森氏が手がける数々の個性的な作品。
屋根からニラやタンポポが生えていたり、棟のてっぺんに木が立っていたりと。
以前から「どうやって作っているのだろう」と不思議でたまらなかったのです。
今回の講演ではその製作過程での工夫や苦労話も披露され、大変興味深いものでした。
高過庵の名前の由来にも笑ってしまいました。
藤森氏の作品についてはまだ実物をみたことがありません。
今回の講演を機会にますます「見てみたい」という気持ちが強くなりました。
講演の次はいよいよお待ちかねの地域建築賞の発表でした。
ここでも「東京町家」が大活躍でした。
受賞12作品のうち3作品が「東京町家」。
昨年の伊礼設計スクールは、これらの作品を間近で勉強するスクールでした。
今改めてすごい勉強会だったんだなと、参加できたことを嬉しく思います。
地域建築賞のレポートは受賞者の皆さんそれぞれのブログに詳細記事がありますので、そちらをご覧下さい。
(すみません、写真も何もないものですから・・・)
地域建築賞の後は伊礼さんより、伊礼設計スクールを終えての報告があり、設計スクールでの課題披露がありました。
そして、和やかな雰囲気のまま、交流会へ。
交流会場には設計スクールで一緒に学んだ仲間の顔ぶれも。
久しぶりに会った嬉しさから、交流会の後は自然に同窓会へ。
地元メンバーの案内で「京の夜の街」まで繰り出しました。

たった一日の参加でしたが、ゼミナールは充実したプログラムでした。
企画してくださったOMソーラー協会の皆様、お世話になりました。
ありがとうございました。
そして、設計スクールでお世話になった皆様、ありがとうございました。
e0097018_20512555.jpg

[PR]

by akikobeya | 2007-03-02 12:41 | 学ぶ